特許査定率(成功率)の重要性?

query_builder 2021/08/06
ブログ
Screenshot_20210811-141508 (1)

特許査定率(成功率)という言葉があります。


これは、大まかに言えば、特許出願に対して特許が認められた件数の割合という意味の言葉です。


もう少し正確に言うと、上述の特許出願は、”全ての特許出願から審査請求をしなかったもの等を引いた数”となります。


ところで、一部の特許事務所では「うちの事務所では特許査定率○○%」と謳っていますが、実はこれにはあまり意味がありません。


別のブログ記事でも少しだけ触れているのですが、

特許出願は、権利範囲が広ければ広いほど特許になる可能性は低く、権利範囲が限定的であればあるほど特許になる可能性が高まります。


そのため、特許査定率を上げようと思えば、様々な限定を加えることでいくらでも上げることができます。


ですが、そのように様々な限定を加えた結果、その権利範囲が狭くなりすぎて実際の発明(製品)とかけ離れていては、仮に特許が認められたとしても発明を保護することはできません。


逆に、実際の発明よりも広い権利範囲で特許を取ることは難しいですが、それができれば非常に有益なものになります。


それを知っているからこそ、多くの特許事務所では特許査定率を宣伝していないのです。


つまり、特許を取得するにあたって大事なことは、可能な限り広い範囲で権利を取得することであり、パテントレヴでは経験豊富なスタッフにより、それを実現するための出願書類の作成を常に心がけております。


NEW

  • 中小企業の特許戦略1

    query_builder 2022/01/05
  • アインシュタインと特許

    query_builder 2021/12/31
  • 特許庁とは?

    query_builder 2021/12/29
  • 特許の悪魔【パテントトロール】

    query_builder 2021/11/30
  • Amazonの「ワンクリック注文」特許は3000億円!?

    query_builder 2021/11/24

CATEGORY

ARCHIVE