東京の特許事務所・Patent ReV

の口コミ情報

一般の特許事務所と比較して革新的なサービスを東京から

弁理士や特許技術者などが業務を請け負う一般の特許事務所よりも低価格で出願から権利化までをトータルサポートしております。特許権取得にかかる費用やご負担を軽減することによって出願のハードルを下げ、さらに積極的に発明や技術開発へと邁進していただきたいと願っております。東京から全国エリアへ展開している独自のサービスは、「素速い対応が安心」「丁寧にアドバイスをしてくれる」など、個人発明家の方や中小企業様の口コミで高評価を頂戴しております。

特許出願や権利登録のメリットを活かせるようサポートします

個人として発明をされる方は、生み出したアイデアや技術を特定の企業に売り込み、商品化によって利益を得ることを目指しておられるに違いありません。そのような場合には発明を売り込む前にその技術やアイデアについて先に特許出願を行うか、秘密保持契約を締結してから相手先に発明内容を開示するのが最善と言われています。出願前に発明の詳細を開示してしまうことにより、その発明が特許によって保護できなくなる可能性があるからです。
ご希望どおりに企業に売り込むことができた場合には、発明についての出願や特許権といった権利を譲渡するか、権利は保有したまま利用のライセンスを企業に与えるといった方法で利益を得ることができます。このように、特許出願には大切な権利を守れるという重要なメリットがあり、さらに別の発明を生み出すための資金やモチベーションを得られるのも大きな利点の一つです。

拠点の東京で共同出願を実施し大切な発明の権利化を促進

発明をした人への独占権である特許権が与えられることによって他者による発明が促進されたり、公開されたアイデアや技術を第三者が利用することで技術の発展が促されたりと、国内における産業が発達します。一方、発明者には独占排他権だけでなく実施権が与えられ、通常実施権を他者に与える対価としてライセンス料を得るといった方法でその権利を大いに活用できます。日本においては2002年に「知的財産立国」が宣言されて以来、特許権や商標権、意匠権といった知的財産の保護と活用が重視されています。
特許権の保有者は、売却や使用許諾、特許の交換といった様々な選択肢を持てますので、利益を追求する企業にとっては知的財産は経営面で大きな武器となります。特許出願のメリットを最大化するため共同出願という新たな方式でお手伝いし、低価格と質の高い業務遂行によって全国の中小企業様のお力になってまいります。

一般の特許事務所よりも低価格で出願サポートをご希望なら

特許出願から権利化までの過程には様々な手続きや審査が行われるためある程度の期間がかかりますが、その間にも「特許出願中」や「PAT・P」といった表示を商品に載せることができます。それらの表示は特許出願を既に済ませ、取得に向けて動いていることを公にするものです。特許はこれまでになかった新しい発明について与えられるものですので、こうした表示によって新技術を用いた商品であることを広くアピールでき、どの技術について特許出願中かを示せばセールスポイントをさらに明確に打ち出すこともできます。
また、将来的に特許になる可能性があることを表示しておくことで、競合他社による模倣の抑止にもなります。特許出願のメリットについて具体的に相談したい方、特許事務所よりも低価格でサポートを依頼したいとお考えの方々からご相談を承り、東京を拠点に全国で出願から権利化までの一連の手続きをお手伝いしてまいります。