特許出願

一般の特許事務所とは異なるサービスを東京から全国へ

特許とは?

特許って?
特許というのは、画期的な発明した発明者に対して、その発明を公開する代わりに、一定期間、その発明を独占的に使用することができる権利(特許権)を国が与えるものです。
特許を出願する前に、知っておいてもらいたい基本を3点紹介します。

①技術的思想の創作である「発明」が保護の対象。
②権利の対象となる発明の実施(生産、使用、販売など)を独占でき、権利侵害者に対して差し止めや損害賠償を請求できる。
③権利期間は、出願から20年。
Patent ReVが選ばれる理由
低価格
arr
高クオリティ
  • 書類

    POINT1

    弊社で出願手続等の諸々の手続を行うことができるため、特許事務所を仲介する必要がなく、非常に低価格で権利化を目指すことができます。
  • 発明

    POINT2

    特許性の観点から発明の内容をブラッシュアップすることができます。
  • 書類

    POINT3

    弊社の特許技術者は、いずれも10年以上出願書類の作成業務を行っているベテランであり、高品質な出願書類をご提供することができます。
  • 権利

    POINT4

    出願及び権利取得により生じる利益につきましては、弊社は一切頂戴しません。さらに、権利化前に出願人から弊社の名前を削除し、最終的にはお客様単独の権利とすることができます。

特許出願のメリット

特許取得した場合のメリットは以下の内容になろうかと思います。

① 権利をもとに市場を独占する
② 大企業やライバル会社の参入を阻止する
③ 十分な利益をそこから取る

・中小企業(個人・個人事業主)にとって有利な点
特許の本質は権利侵害に対する差し止め(差止)にあります。
つまり、相手の製造・販売を止めることができるということです。
そのほかに、損害賠償、刑事罰も可能です。
販売は、その相手自体だけではなく、小売店に卸されたものに対しても及びます。
その結果、特許権の侵害で差止が出るということは、非常に大きな問題です。
そして大企業の場合は販売量が多く、販売網も大きいことから、裏を返せば、万が一差止請求をされると、想像もできないほどの大きな影響が出てしまいます。
つまり大企業で販売量が多ければ多いほど、知財的観点からは大きな弱みを有しているということなのです。
ということは、中小企業・ベンチャーの方が知財という点では大きなアドバンテージを有しているということです。
個人事業主についても同じです。
ではどうすればそのアドバンテージが行かせるのでしょうか。
それは必要な特許を取ることです。
もちろんそのような権利を取ることは容易ではないです。
しかし東大に価値があるのは、入るのが難しいからというのと同じように、簡単なものに価値はありません。
それをお助けするのが私たちの仕事です。
  • ポイント1

    01
    特許事務所で頼むと代理出願として出願する形になるので高額な費用がかかってしまいます。 Patent ReVでは共同出願であるため、代理人費用が発生しないので安価で出願することが可能です。 また、発明の内容を一緒にブラッシュアップすることができます。
  • ポイント2

    02
    尚 特許の出願、あるいは権利化により発生する利益は一切頂戴いたしません。
  • ポイント3

    03
    特許事務所と変わらない高クオリティをお届け 特許事務所では、実際に特許書類を作成しているのは弁理士ではなく特許技術者である場合が多いです。 Patent ReVでは、10年以上出願書類を作成してきた特許技術者が出願書類を作成するため、特許事務所と変わらない品質の出願書類を作成することができます。

特許の権利化までの流れ

Stepお問い合わせ お電話かメールフォームよりお問い合わせください。
Step無料相談 発明の内容についてヒアリングを行います。
対面かオンラインを選択していただけます。
Stepご入金 ご入金確認後、出願書類の作成を開始いたします。
Step出願書類の作成 発明の詳細について確認しながら出願書類を作成いたします。
Step特許庁への出願手続 出願書類をご確認後、最終ご指示を頂いた後に、出願手続をオンラインで行います。
Step出願審査請求 出願日から3年以内に行います。
Step審査官による審査 審査請求日から1~2年程度で審査が終了します。
Step拒絶理由の通知 特許できない理由が通知されたときには、意見書・補正書を提出いたします。
Step登録査定 拒絶理由が解消された場合(又は、拒絶理由が通知されない場合)、登録査定書が送付されます。
Step登録料の納付 登録査定日から30日以内に登録料(1~3年分の年金)を支払います。
Step登録証の発行

ひらめきやアイデアを活かした発明の特許出願をお手伝いします

個人発明家の方や中小企業様には、特許出願の複雑な手続きや費用面でのご負担から「ハードルが高い」「無理かもしれない」といったお悩みがあるかもしれません。新型コロナウイルス感染症の影響拡大と経済不況がさらに追い打ちをかけ、特許権取得への取り組みにおいて競争力に格差が生まれているのも現実です。苦労して生み出したアイデアやひらめき、技術などがしっかりと守られ、活用されていくようお手伝いしてまいります。特許事務所と比較してリーズナブルな価格を強みとし、東京を中心に全国各地でサポートいたします。

特許出願のメリットを最大化できるよう東京を中心にお手伝い

特許を出願することには様々なメリットがあります。例えば、商品に「特許出願中」「PAT・P」と表示することにより、消費者へ「特許を出願するほど質の高い商品である」といったイメージを与えることができます。また、特許出願に向けて具体的な取り組みを進めていることをアピールすることで競合他社や発明家による模倣を防げるのもメリットです。もちろん、特許権登録に至るには特許庁による厳しい審査をクリアする必要があります。
例えば、実験的にしか利用できないものではなく産業として実施できるものでなければなりません。また、出願前に公然と知られているものは「新しいもの」とは見なされず、特許権は認められません。特許出願をお考えでしたらぜひ一度ご相談ください。特許出願の詳細やメリットについて丁寧にご説明いたします。

全国各地や東京で特許出願の流れを全面的にサポートいたします

発明について特許権の取得を特許庁へ願い出ることを特許出願と呼びます。出願には様々な書類や手続きが必要ですが、主に発明者の氏名をはじめとする情報を記した願書に発明内容を説明した明細書、特許請求の範囲や必要な図面などを添付して提出します。出願しただけでは発明の中身を審査してもらえず、方式審査や出願公開が行われた後に出願審査請求を行わなければなりません。さらに、実体審査や特許査定、登録料の納付を経て設定登録がなされることによってようやく権利化が完了します。
こうした一連の手続きを正確に理解し、求められている書類を漏れなく作成しつつ提出するのは簡単なことではありません。お悩みや疑問をお持ちの皆様からご相談やご依頼を承り、共同出願という形で複雑な手続きを一括サポートしてまいります。

特許事務所の仲介依頼が不要なため低価格で権利化を目指せます

共同出願というスタイルで出願書類の作成から権利化までの一連の手続きを全てお任せいただくことにより、仲介を依頼する手間や時間を節約できるだけでなく相場よりも安い価格で特許権取得を目指せます。特許技術者として10年以上に亘る経験と実績を持っており、自動車メーカーや電子部品、鉄道会社といった大手企業からスタートアップやベンチャー企業、町工場、個人の発明家まで、規模に関わりなく出願書類の作成を担当してきたノウハウが強みです。
登録までには複雑で厳しい審査がありますが、そうしたノウハウをフル活用しつつ特許性の観点から発明内容をブラッシュアップさせられるのも共同出願ならではのメリットです。特許権に加えて商標権や意匠権といった知的財産権の登録に関わる費用や品質面でのお悩み解決をお手伝いしてまいります。